トップページへ

認知症支援チーム(千葉労災病院)




認知症支援チーム(DST)趣意書                 2009年12月7日
                                DST 委員長 小沢義典


 現在、認知症患者は200万人。2035年には450万人になると推計されている。認知症患者は入院などの不慣れな環境では、しばしば不穏な言動を呈す。このため、前もって適切の対処を講じておくことが理想だが、当院を含め多くの病院ではそのような配慮が殆どなされてこなかった。このような状況が続けば、今後増加する認知症患者への対応が後手になり、医療の遂行や安全性に軽視できない影響を及ぼそう。
 一方、認知症患者への電子機器による見守りシステム、早期発想や医学的対処法、リハビリ的対処法、さらには、認知症患者の気持ちにそった介護法などは着実に進歩している。
 当院では、現在、数年後に新館を建設すべくその準備中にある。この機会に、認知症支援チーム(Dementia Support Team:DST)設立を、認知症への最善の支援システムが新病院で具現できるよう関係者で検討をはじめることが重要と考えた。
 2009(平成21年)12月7日以下の賛同者の下に、我々は認知症支援システムを結成した。本チームは、認知症患者やその家族に安心して入院/通院出来ることを目的とし、以下の活動を行う。



活動内容

新病院おける認知症患者支援のための情報インフラの検討
 例 病院全体,病棟,個室,大部屋、ベット周り等におけるセンサー、モニター、双方向     ナースコール、
居場所検知システムなど
   現在地、日時などの情報や回想法的刺激が提示できるシステムなど
   不穏回避のための病院(患者)一家族(家庭)とのテレビ電話システムなど不穏    になりにくい室内環境の検討
特定患者への薬物的な対処法の提案
特定患者へのリハビリ的な対処法の提案
ボランティアの導入の検討
その他、本チームの目的に必要なことの検討



チームの構成

脳外科、神経内科、精神科、リハビリ科、看護部、および参加を希望する職員役員
委員長 脳外科部長 小沢義典
幹事   リハ科     安田 清
書記   リハ科     岩本明子



具体的活動

月例会の開催
 毎月第2月曜日 4C会議室 約5時半〜6時 ニューロカンファレンス終了後相談会の開催
 毎週月曜日(祝日は中止) 4C会議室 約5時半〜6時 ニューロカンファレンス終了後
 各病院などで困っている患者がいれば相談を受ける講演会の開催など
先駆的な試みを行っている病院の方や,認知症への理解を促進するための講演など



その他

検討や活動はサイボーズなどで知らせる。
必要に応じて職員から、アンケートなどを取る。


ページ先頭へ
クリックすると拡大表示します

ページ先頭へ
クリックすると拡大表示します
クリックすると拡大表示します
ページ先頭へ