トップページへ

認知症に関する行政への提案



■認知症に関する行政への提案
もの忘れ外来などの臨床経験から、認知症健診制度の開始が必要と考え、市原市に要望し
ました。結果は、却下でした。早く、このような制度の必要性が行政や一般の方の共通認
識になることを願っています.....全文はこちらから
■認知症早期対応事業案
2006年8月から2年間、千葉県認知症対策研究会の委員として、今後行われるべき認
知症の施策について議論しました。以下は、研究会の終了時、報告書を県に提出する
にあたり、私が担当して書いたものです。早く、このような施策が国、県、市町村レ
ベルで実現することを願っています.....全文はこちらから
■認知症早期対応事業案図表図
事業3−4 認知症早期対応事業: 認知症健診・対応実行委員会
主催は高齢者福祉課または地域包括支援センター.....全文はこちらから
■認知症健診事業案

◇事業3−1
認知症健診事業

すでにいくつかの市町村で健診がおこなわれている。しかし、過去3年間、千葉労災
病院物忘れ外来での経験から、これらの健診制度の問題点にはいくつか問題がある。
群馬県の例をとると、一次健診として、自己アンケートや立法図書きを用いている。
認知症の場合、自己評価は信頼性にかけることがある。立法図も易しすぎる。さらに
二次健診として、MMSE24点以下を認知症陽性としている。これでは点が低すぎ、
早期の方を見逃す確立が高い.....全文はこちらから

ページ先頭へ