トップページへ

研究・業績

2011年1月1日現在

以下の研究や業績には、たくさんの方々のご協力がありました。ここに謹んで感謝いたします。英文のホームページには、主要な論文や発表の英語抄録を付けました。 よろしかったらご覧ください。

以下は次のカテゴリーに分けてあります、

            INDEX

      著書、各種メディアでの製品化

    原著論文

    解説論文など

    学会発表 (筆頭著者)

    共同発表

    特許実用新案など

    メディア紹介・表彰など



著書、各種メディアでの製品化               INDEXへ
2007 安田清, もの忘れが気になる方へ:記憶サポート帳. 800円税別, (株)エスコアール出版部. 木更津市.
2007 安田清ら企画、ATR知能ロボティクス製作著作、語りかけビデオ(VDV):ふるさとへの旅. 1890円税込み, (株)エスコアール出版部. 木更津市.
2007 安田清ら企画、ATR知能ロボティクス製作著作、語りかけビデオ(VDV):春夏秋冬. 1890円税込み, (株)エスコアール出版部. 木更津市.
2007 安田清ら企画、ATR知能ロボティクス製作著作、なつかしの唱歌:ふるさとへの旅・春夏秋冬(VDV). 2940円税込み.
1994 安田清ら企画、全国失語症友の会著作:ビデオ私たちの職業復帰、(株)エスコアール. 木更津市
1993 安田清ら企画および付録パンフレット執筆、全国失語症友の会著作:ビデオ家庭でできる言語訓練、(株)エスコアール. 木更津市

原著論文(査読つき、筆頭著者)              INDEXへ
2009 Kiyoshi Yasuda, Kazuhiro Kuwabara, Noriaki Kuwahara, Shinji Abe, Nobuji Tetsutani. Effectiveness of personalised reminiscence photo videos for individuals with dementia. Neuropsychological Rehabilitation, 19(4), 603-619.
2007 Kiyoshi Yasuda, Tatsuya Nemoto, Keisuke Takenaka, Mami Mitachi, Kazuhiro Kuwabara. Effectiveness of vocabulary data file, encyclopedia, and internet homepages in a conversation support system for people with moderate-severe aphasia. Aphasiology, 21, (9), 867-882.
2006 Kiyoshi Yasuda, Bobbie Beckman, Masako Yoneda, Hajime Yoneda, Akiko Iwamoto, Tetsuo Nakamura. Successful guidance by automatic output of music and verbal messages for daily behavioral disturbances of three individuals with dementia. Neuropsychological Rehabilitation, 16, (1)、66-82.
2002 安田清, 三須直志, 岩本明子, 中村哲雄. 電子機器による音声誘導で問題行動が減少したアルツハイマー患者の一例, 日本失語症学会第25回推薦論文, 失語症研究,22, (4), 292-299.
2002 Kiyoshi Yasuda, Tadashi Misu, Bobbie Beckman, Osamu Watanabe, Yoshinori Ozawa Tetsuo Nakamura. Use of IC recorder as a voice output memory aid for patients with prospective memory impairment. Neuropsychological Rehabilitation, 12, (2), 155-174.
2000 Kiyoshi Yasuda, Tetsuo Nakamura, Bobbie Beckman.. Comprehension of serially presented radio News story. Brain and Language, 75, (3), 399-415.
1999 安田清, 三須直志, 村杉光司, 宮崎俊行, 中村哲雄. 前向健忘等の支援を目的とした音声出力記憶補助機の開発, 総合リハ, 27, (5), 475-478.
1993 安田清, 岡田智子, 佐土原恵, 吉武信子, 内村元, 小野美栄. 障害者ギャラリー[リハビリ美術館:明日への窓]の院内設置とQOL. 総合リハ, 21, (11), 977-980.
1990 安田清, 長谷川啓子, 小野美栄. 失語症者のラジオニュースの理解, 音声言語医学, 31. (1), 3-10.
1989 安田清, 小野美栄. 重度失語症者5症例の地名人名の理解,失語症研究, 9, (2), 112-117.

解説論文など                           INDEXへ
2010 安田清. 記憶補助具による認知症への対処法, ぽーれぽーれ千葉県支部版:家族の会千葉県の通信、2010年1月号,4-5p
2010 安田清. ITを用いた認知リハビリテーションー: Low techとhigh techによる認知症と記憶障害の生活支援―. 総合リハビリテーション、38、1、21−25
2008 安田清.現場発の道具と機器を使った認知症の対処法、福祉介護機器TECHNOプラス, 6、13−16、
2008 安田清. Low techとHigh tech機器による認知症の支援、老年精神医学、19, (3), 315-321, 2008
2007 Kiyoshi Yasuda, Rehabilitation through portable and electronic memory aids at different stages of Alzheimer’s disease. Les Cahiers De La Fondation Me’de’ric Alzheimer, 97-107, No3, September
2007 安田清.Information Techonologyを用いた認知リハビリテーションー記憶障害や認知症などに対してー、認知リハビリテーション2007、1-12、認知リハビリテーション研究会編、新興医学出版社
2008 安田清.もの忘れを補うモノたちー簡単な道具と器機による認知症・記憶障害の方への生活支援:明日の笑顔を信じよう、訪問看護と介護、13、(4)、324-328.
2008 安田清.もの忘れを補うモノたちー簡単な道具と器機による認知症・記憶障害の方への生活支援:工学的支援研究の最前線、訪問看護と介護、13、(3)、234-239.
2008 安田清.もの忘れを補うモノたちー簡単な道具と器機による認知症・記憶障害の方への生活支援:さまざまな回想法の支援、訪問看護と介護、13、(2)、136-141.
2008 安田清.もの忘れを補うモノたちー簡単な道具と器機による認知症・記憶障害の方への生活支援:さまざまな小道具や電子機器による記憶補助(2)、訪問看護と介護、13、(1)、56-61.
2007 安田清. もの忘れを補うモノたちー簡単な道具と器機による認知症・記憶障害の方への生活支援:さまざまな小道具や電子機器による記憶補助(1)、訪問看護と介護、12, (12), 1026-1032.
2007 安田清. もの忘れを補うモノたちー簡単な道具と器機による認知症・記憶障害の方への生活支援:携帯電話を用いた記憶支援、訪問看護と介護、12, (11), 944-949.
2007 安田清. もの忘れを補うモノたちー簡単な道具と器機による認知症・記憶障害の方への生活支援:ICレコーダーによる記憶補助(3)、訪問看護と介護、12, (10), 858-863.
2007 安田清. もの忘れを補うモノたちー簡単な道具と器機による認知症・記憶障害の方への生活支援:ICレコーダーによる記憶補助(2)、訪問看護と介護、12, (9?), 776-781.
2007 安田清. もの忘れを補うモノたちー簡単な道具と器機による認知症・記憶障害の方への生活支援:ICレコーダーによる記憶補助(1)、訪問看護と介護、12, (8), 682-687.
2007 安田清. もの忘れを補うモノたちー簡単な道具と器機による認知症・記憶障害の方への生活支援:Aメモリーエイドによる記憶補助(2)、訪問看護と介護、12、(7)、590-594.
2007 安田清. もの忘れを補うモノたちー簡単な道具と器機による認知症・記憶障害の方への生活支援:Aメモリーエイドによる記憶補助(1)、訪問看護と介護、12、(6)、496-501.
2007 安田清. もの忘れを補うモノたちー簡単な道具と器機による認知症・記憶障害の方への生活支援:@記憶障害を助ける日記、訪問看護と介護、12、(5)、396-401.
2006 安田清. 先生は間違っています:全失語の方とご家族へ.言葉の海, 92号, 10-11p
2006 安田清.リハビリ美術館明日への窓:ハンデや障がいのある方の作品を展示, 言葉の海, 92号, 12p 
2005 安田清, 記憶障害への生活と復職の支援―記憶支援機を用いて、 田中宏太佳、半田一登、深川明世編, セラピストのためのリハビリテーション医療、永井書店, 241−245.
2005 安田清, 中重度失語症者との自由会話支援システムー語彙データファイル、電子百科事典、およびインターネットを利用して. 田中宏太佳、半田一登、深川明世編 セラピストのためのリハビリテーション医療、永井書店, 439−441
2004 安田清. 高次脳機能障害への機器の利用, 総合リハ, 32, (10), 975-979.
2001 安田清. 失語、失行、失認、記憶障害などの高次脳機能障害と工学的支援案, 電子情報通信学会技術研究報告; 思考と言語研究会TL2001-11, (2001-07), 15-22.
2001 安田清, 神作暁美,岩本明子,中村哲雄. 粥、野菜、ご飯などを味付けし冷凍保存する嚥下造影食、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌、 5 (1) 57-58.
2001 安田清,鬼沢福美,神作暁美,中村哲雄. 電気掃除機を利用した吸引機の作成法、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌、 4 (1) 58-59.
2000 Kiyoshi Yasuda, Tetsuo Nakamura, Bobbie Beckman. Brain processing of Proper names. Aphasiology, 14, (11), 1067-1090.
1988 安田清. 家庭で出きる言語訓練アラカルト,言葉の海, 20号夏の号,5-7

学会発表(筆頭著者)                     INDEXへ
2011 安田清ら, 小型ビデオ機と音声認識による行動記録検索システムの開発. 次脳機能障害学会, 大宮市,2010.11.19発表. 高次脳機能研究、31、(1)、2011で掲載予定
2011 安田清ら, テレビ電話による認知症者の支援第2報. 高次脳機能障害学会, 大宮市, 2010.11.19発表. 高次脳機能研究、31、(1)、2011で掲載予定
2011 安田清、小型ビデオ機と音声認識による認知症者の生活情報記録検索システム. 人工知能学会学会近未来チャレンジ,.6月9日,長崎ブリックホール.
2010 安田清, 岩本明子, 中村哲雄, 桑原教彰、予定のみならず記録も書ける“メモリーカレンダー”3種の考案、33回日本高次脳機能障害学会、2009年10月30日、札幌市 高次脳機能研究、30、(1)、170p、2010
2010 安田清、岩本明子、中村哲雄、偏差値によるMCIなどの操作的抽出、および重症度やタイプ等の分類方法:診断補助尺度作成手法の提案、日本高次脳機能障害学会、2009年10月29日、札幌市、高次脳機能研究、30、(1)、132−133p、2010
2010 安田清, 岩本明子, 中村哲雄. MCIを中心としたもの忘れ対処懇談会の運営.
日本高次脳機能障害学会、2009年10月29日、札幌市、高次脳機能研究、30、(1)、134p、2010
2009 Kiyoshi Yasuda, Noriaki Kuwahara, Kazunari Morimoto, Remote reminiscence talking and scheduling prompter for individuals with dementia using video phone. 13th International conference on human-computer interaction (HCI 2009 Internatinal), 22-24 July 2009, SanDiego, USA.
2009 安田清, 今井友太, 桑原教彰, 森本一成. 画面から外界への視線誘導:認知症向けトイレ動作支援システムに向けて, 6月18日. 人工知能学会, 高松.
2009 安田清, 桑原教彰, 中村哲雄, 岩本明子. テレビ電話による在宅認知症者の支援,日本高次脳機能障害学会,2008年11月16日-17日, 松山市, 高次脳機能研究、29、(1)、179p、2009
2008 安田清, 内海章, 桑原教彰, 中村哲雄.認知症向けトイレ動作支援システム試作:トイレ模擬環境での評価, 日本高次脳機能障害学会,高次脳機能研究、29、(1)、178−179p、2009
2008 安田清, 岩本明子, 中村哲雄, 桑原教彰.記憶障害や認知症支援用メモリーベスの開発. 日本高次脳機能障害学会,高次脳機能研究、29、(1)、179p、2009
2008 安田清. 認知症へのLowテクを使った情報支援や心理・感情支援. ヒューマンインターフェースシンポジウム(HIS),ワークショップ:記憶障害や認知症の方を支援するノンバーバルコミュニケーション及びその他:、2008年9月1日大阪大学 
2008 安田清、岡崎芳樹、内海章、山添大丈、阿部伸治.3次元計測を利用したトイレ動作支援システム、 人口知能学会, 人口知能学会全国大会第22回論文集 Hybrid CD―RoM ISSN1347-9881
2008 安田清、岩本明子、中村哲雄、MCIと軽度認知症の鑑別検査:無関係対語記銘力検査とかな拾いテストの有用性. 高次脳機能研究、28、(1)、91-92p 高次脳機能障害学会
2008 安田清、岩本明子、中村哲雄、記憶障害向け日記と各種身体装着用メモ帳の開発.高次脳機能研究、28、(1)、113-114p.
2008 安田清、岩本明子、中村哲雄、生活支援を目的とした認知症のリハビリテーション:当院リハビリ科物忘れ外来での実践 高次脳機能研究、28、(1)、114p.高次脳機能障害学会 同上
2007 安田清, 清水和恵, 清水直子. 吸引器専用歯ブラシ「ハッピー」を照明開口器「ホタル」の開発 第4回日本口腔ケア学会総会学術大会プログラム・抄録集, 115p, 2007
2006 Kiyoshi Yasuda, kazuhiro kuwahara, Noriaki Kuwahara, Shinji Abe Nobuji Tetsutani. Talking with individuals with dementia on a video phone; A preliminary study for networked interaction therapy, International Workshop on Cognitive Prostheses and Assisted Communication (CPAC 2006). 43-46p, In conjunction with 2006 International conference on Intelligent User Interfaces (IUI2006)
2006 安田清、阿部伸治、桑原教彰. 認知症向け思い出ビデオの効果とその簡単な製作方法. 日本認知症ケア学会,(5), 206p
2006 安田清、阿部伸治、桑原教彰, 内海章. 記憶障害、認知症の方への情報機器やITによる生活支援、ATAC (Assitive techonology and augmentative communication)2006, 142−143.
2006 安田清、阿部伸治、桑原教彰. リハビリテーションの立場からの提言:中軽度認知症者へのいろいろな機器を使った在宅生活支援の試み. 認知症の人と家族の会全国研究集会抄録と誌上報告, 21−22.
2006 安田清, 安部伸治、桑原和宏, 桑原教彰, 鉄谷信二. 中軽度の記憶障害者や認知症をもつ方への在宅生活支援―各種機器を用いた代償法的アプローチの紹介, 日本認知症ケア学会誌, 4, (2), 347P
2005 安田清, 岩本明子, 中村哲雄, 桑原和宏. 痴呆症の方への思い出写真ビデオの作成と集中度の評価. 高次脳機能研究, 25,(1), 69−70p.
2005 安田清, 桑原和宏. 記憶障害や痴呆症の方を支援する情報セラピープロジェクトの紹介.高次脳機能研究, 25, (1), 69p.
2004 安田清ら. さまざまな機器を用いた痴呆症の方への在宅生活支援, アルツハイマー病協会第20回国際会議京都2004抄録、 211P.
2004 安田清, 安部翠, 保月幸子. 口腔清拭のための照明開口舌圧子と吸引歯ブラシの開発, 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌, 8, (2), 148−149p.
2003 安田清, 岩本明子, 中村哲雄. 記銘力障害者への想起支援:環境映像と音響の自動記録システムの試み, 高次脳機能研究(旧失語症研究),23,(1),60-61p.
2003 安田清, 岩本明子, 中村哲雄. 痴呆症者への支援1:音楽と音声指示の自動出力で日常行動が誘導できたアルツハイマー病患者の一例, 高次脳機能研究, 23, (1), 76p.
2003 安田清, 岩本明子, 中村哲雄, 米田雅子. 痴呆症者への支援2:人形を通した声かけと音楽誘導で食事摂取量が増えた痴呆症の一例, 高次脳機能研究, 23, (1). 76p.
2002 安田清, 中村哲雄, 根本達也, 竹中啓介. 中重度失語症者の自由会話支援システムの構築, 失語症研究,22, (1), 31p.
2002 安田清, 岩本明子, 中村哲雄. 電子機器による音声指示で問題行動の減少をしたアルツハイマー病の一例, 失語症研究, 22, (4), 75p.
2002 安田清. 音声出力意志伝達機の失語症者向け改良とその適応. 聴能言語学研究, 19, (3), 210p. 
2001 安田清, 岩本明子, 中村哲雄, 尾崎万理. 失語症者は何を訴え、何を訴えないか:訴え項目アンケート調査 失語症研究, 21, (1), 31p.
2000 安田清, 中村哲雄, 渡辺功, 小沢義典, 三須直志. 音声出力記憶補助器(ソニーICレコーダー)による前向健忘症例などの支援, 失語症研究, 20, (1), 69p.
2000 安田清, 岩本明子, 中村哲雄, 相川よしゑ, 高見健二, 大田一重, 小山憲路. 吸引、給水、照明機能をつけた簡単な歯ブラシ式口腔清拭具の考案, 日本摂食嚥下リハ学会雑誌, 4, (2), 144p.
1998 安田清, 三須直志. 記銘力障害者などの支援を目的とした音声指示出力機の開発, 失語症研究, 18, (1), 60-61p.
1998 安田清, 中村哲雄. VOCAの補助Key Boardの考案と中重度失語症者等への適応, 失語症研究, 18, (1), 61-62p.
1998 安田清, 中村哲雄. 自由会話用カテゴリー別語彙データファイルの作製と失語症者への適応, 失語症研究, 18, (1), 62p.
1994 安田清. 失語症者におけるコミュニケーション論の再考, 失語症研究,14, (1), 43p.
1994 安田清, 渡辺攻, 小野美栄. 生活史に比較し社会史等公共的知識の健忘を呈した1症例, 失語症研究, 14, (1), 58p.
1992 安田清, 小野美栄. 失語症者のQOL訓練とリハビリ美術館の開設,    失語症研究, 12, (1), 35-36p.
1992 安田清. 小野美栄. 失語症者の30分談話の理解, 失語症研究, 12, (1), 55p.
1991 安田清, 小野美栄. 片マヒ用手帳開閉保持台の考案と失語症者への適応, 失語症研究, 11, (1), 40-41p.
1991 安田清, 小野美栄. 失語症者用ランゲージマスターカードの使用方法,失語症研究, 11, (1), 40p.
1990 安田清, 小野美栄. 重度失語症4群の地名人名の理解, 失語症研究,10, (1),40-41p.
1989 安田清, 小野美栄. 筆談用時計バンドの考案とその適用, 音声言語医学, 30, (1), 46-47p.
1988 安田清, 小野美栄. 重度失語症者5症例の地名人名の理解. 失語症研究,8, (1), 49p.
1988 安田清, 小野美栄. 失語症者の連続するラジオニュースの理解, 失語症研究, 8, (1), 52-53p.
1985 安田清, 長谷川啓子, 小野美栄. 失語症者の長文理解:ラジオニュース理解検査試案を施行して, 音声言語医学, 6, (1), 63.

共同発表                            INDEXへ
2010 C. Oshima, K. Nakayama, K. Yasuda, K. Nishimoto, and H. Okumura. Design of music therapy system that allows elderly people with dementia to perform music wth pleasure. ICHC.
2010 Yasuko Yamane, Hidenobu Ishida, Fumio Hattor, Kiyoshi Yasuda Conversation Support System for People with Language Disorders- Making Topic lists from Wikipedia. 2010 ICCI (International Conference on Cognitive informatics).
2010 Noriaki Kuwahara, Kiyoshi Yasuda, Nobuji Tetsutani, Kazunari Morimoto. Remote assistance for people with dementia at home using reminiscence systems and a schedule prompter, Int. J. Computers in Healthcare, 1, (2), Inderscience Enterprises.
2010 Fumio Hattori, Kazuhiro Kuwabara, Noriaki Kuwahara, Shinnji Abe, and Kiyoshi Yasuda. Socialware for people with cognitive disabilities. in Yingxu Wang, Du Zhang, and Witold Kinsner (Eds.), Advances in Cognitive Informatics and Cognitive Computing, Studies inComputational Intelligence, Vol. 323, pp.193-207, Springer,
2008 Nilar Aye1, Takuro Ito1, Fumio Hattori1, Kazuhiro Kuwabara1, Kiyoshi Yasuda, CONVERSATION SUPPORT FOR PEOPLE WITH APHASIA IN DISTAnt COMMUNICATION Proceedings of the 2002(8?) IEEE Canadian Conference on Electrical & Computer Engineering
2007 Fumio Hattori, Kazuhiro Kuwabara, Noriaki, Kuwahara,Shinji Abe, and Kiyoshi Yasuda, “Socialware for People with Disabilities,” Proc. 6th Int. Conf. on Cognitive Informatics (ICCI'07) 321-326, 2007.
2006 桑原教彰, 桑原和宏, 安部伸治, 安田清, 鉄谷信二. セマンティックWebを用いた思いでビデオの作成支援と配信メカニズム,20回日本人工知能学会 
2005 Kuwahara, N., Kuwabara, K., Shinji Abe, Yasuda, K., and Tetsutani, N.: Semantic Synchronization: Producing Effective Reminiscence Videos, 4th International Semantic Web Conference (ISWC2005) Demo Papers.
2005 Kuwahara, N., Kuwabara, K., Shinji Abe, Tetsutani, N., and Yasuda, K. The Evaluation of Audio-Visual Effects added to a Reminiscence Video for dementia sufferers, Proceedings of SI2005 (2005) (in Japanese).
2005 Noriaki Kuwahara, Kazuhiro kuwabara, Nobuji Tetsutani, Kiyoshi Yasuda. Reminiscence Video: Helping at-home caregivers of people with dementia. Andy Sloane Ed Home-Oriented Informatics and Telematics, Springer, New York, pp145-154.
2002 桑原 教彰, 桑原 和宏, 安部 伸治, 須佐見 憲史, 安田 清, 写真のアノテーションを活用した思い出ビデオ作成支援. 人工知能学会論文誌, 20, (6), 396-405
2004 桑原教彰, 内海章, 安田清, 桑原和宏, 鉄谷信二. 軽度脳障害者のための情報セラピーインタフェースの研究開発−介護者のニーズと受容度の調査について. 生活支援工学系連合大会
2004 Noriaki Kuwahara, Kazuhiro Kuwabara, Akira Utsumi, Kiyoshi Yasuda, Nobuji Tetsutani. Networked Interaction Therapy: Relieving Stress in Memory-Impaired People and Their Family Members. IEEE-EBMS 
2004 Noriaki Kuwahara1, Kazuhiro Kuwabara, Nobuji Tetsutani, Kiyoshi Yasuda. Using Photo Annotations to Produce a Reminiscence Video for Dementia Patients. The International Semantic Web Conference,  November, 7-11.
2004 桑原教彰, 桑原和宏, 内海章, 鉄谷信二, 安田清. 情報セラピーインタフェースでの思い出ビデオの提示とその効果, SI.
2003 鉄谷信二, 桑原和宏, 桑原教彰, 内海章, 安田清. ネットワークを利用した情報セラピーインターフェース; 軽度脳障害者のためのコミュニケーションを利用した療法への展開, 電子情報通信学会; 福祉工学研究会, WIT2003-68 (2004-03)
2002 長島健一、川野涼子、大川茂樹、安田清. マヒ性構音障害音声の認識を目指した音声特徴の分析, 3月, 日本音響学会. 
1997 三須直志, 安田清ら. 記憶支援機の , ライフサポート学会, 東京.
1995 三須直志、土肥健純、安田清. 失語症患者訓練支援システムの研究,医用電子と生体工学, 第33巻, 特別号, 272.
1994 原修一、三好純太、安田清、村本多恵子、押尾万里. 失語症者の職場復帰における諸問題―質問紙調査より, 失語症研究, 14, (1), 27-28.
1990 三須直志、鈴木弘二、安田清、西脇恵子、佐藤恵留美.
   標準失語症検査支援システムの開発, 失語症研究, 10, (1), 74-75.

特許、実用新案など                     INDEXへ
2007 安田清, 安部伸治, 内海章. 携帯デバイス用固定具 特許公開出願2009-010905
2006 桑原和宏, 安田清, 桑原教彰, 安部伸治. ビデオ コンテンツ提示装置および方法 特許出願2006-088684 特許公開2007-264271
2005 桑原教彰, 桑原和宏, 鉄谷信二, 安部伸治, 安田清. ビデオコンテンツ作成装置 特許出願2005-099604 特許公開2006-279861
2005 桑原教彰, 桑原和宏, 安田清. ビデオコンテンツ作成装置 特許出願2005-103585 特許公開2006-287521
2005 桑原教彰, 桑原和宏, 安部伸治, 安田清. ビデオコンテンツ作成装置 特許出願2005-337185  特許公開2007-143029
2005 内海章, 桑原教彰, 須佐見憲史, 安部伸治, 安田清. 情報提示装置 特許出願2005-312945 特許公開2007-17365
2005 桑原和宏, 桑原教彰, 安田清, 安部伸治, 鉄谷信二. ビデオコンテンツ作成装置 イギリス特許 522104.9 
2005 桑原教彰, 桑原和宏, 安部伸治, 安田清. ビデオコンテンツ作成装置 特許出願2005-337186 特許公開2007-143030
2005 桑原和宏, 桑原教彰, 安田清, 安部伸治, 鉄谷信二. ビデオコンテンツ作成装置 アメリカ特許11/260444 US2006-0092487-A1
2005 桑原和宏、桑原教彰、安田清、安部伸治. 対話型思い出写真アノテーションシステム 特許出願2005-345192 特許公開2007-150955
2004 桑原教彰, 桑原和宏, 安田清.  ビデオコンテンツ作成装置  特許出願 2004-318422 特許公開2006-129389
2004 桑原教彰, 桑原和宏, 鉄谷信二, 安田清. 物品管理用記録装置 特許出願2004-094820特許公開2005-286493 
2004 Yasuda et al 2004  United States patent, Tongue Depressor
2003 安田清 舌圧子 特許出願2003-137970(2003.4.9) 特許公開2004-305680(2004.11.4) 特許査定 3771226号(H18.2006.1.27) 
2003 安田清 舌圧子 舌圧子改訂意匠登録願(H15.9.19) D0015-091 (2003) 意匠登録第1215494(H16.7.16)
2003 9月 日本経済産業新聞でファインより発売された口器と吸引歯ブラシが紹介される。
2003 12月 社団法人発明2003年12月号(平成15年12月1日発行)
   100巻 issn 0385-7115 P28-30でファインセットが紹介される。
2002 安田清 口腔ケアーのためのチューブ 特許出願2002−146969(2002.4.12) 特許公開2003-305062(2003.10.28)
2001 安田清 透過性素材でできた照明つき開口器 特許出願2002―289248
    特許公開
2002 安田の照明つき開口器などがNEDOの助成金をうけてファイン株が開発
2000 安田清 口腔ケアーのための歯ブラシ装着用背板 特許出願2000−286155(2000.8.16) 特許公開 2002-058537(2002.2.26)
2000 安田清 口腔清拭用照明つき開口器 特許願2000―266231(2000.7.31) 特許公開2002-045376(2002.2.12)
1989 手帳開閉保持台が日本リハビリテーション工学協会主催第二回福祉機器展に入選
1989 情報の閲覧、記録装置をもつ腕輪が入選 第29回千葉県発明考案展
1989 安田清 手帳開閉保持台 実用新案登録願 1―17739号(H1.1989.2.17) 公開実用新案公報平02-108094(H2.1990.8.28) 
1988 安田清 情報の閲覧、記録装置をもつ腕輪が奨励賞受賞 
   発明学会主催 読売新聞社後援全国発明コンクール
1987 安田清 情報の閲覧、記録装置をもつ腕輪 実用新案登録願 昭62―201330号(1987,S62,12.28)公開H1(1989) 平1-114806(1989.8.2) 実用新案公告(Y2)平5-42733 (1993)( 実用新案登録 2026738号 

メディア紹介、表彰など                    INDEXへ
2010 2010 7月27日 テレビ東京21時 ガイアの夜明け「相続」で、考案した吸ty吸引歯ブラシが紹介される  
2008 11月18日 労働者健康福祉機構の優秀研究賞受賞(2回目)。受賞研究名は「中重度失語症向けインターネット上の自由会話支援システムの開発」。
2008 11月18日 労働者健康福祉機構の優秀研究賞受賞(2回目)。受賞研究名は「中重度失語症向けインターネット上の自由会話支援システムの開発」。
2008 11月18日 労働者健康福祉機構の優秀研究賞受賞(2回目)。受賞研究名は「中重度失語症向けインターネット上の自由会話支援システムの開発」。
2008 9月29日 日刊工業新聞で立命大、京工芸繊維大との通信を使った認知症、失語症支援の試みが紹介される。
2008 6月5日 NHK総合首都圏ネットワーク(18時10−18時52分)、開発した記憶サポート帳が紹介される。
2007 5月18日号(778号) 認知症に対する安田の試みが「認知症ケアに情報機器活用を」として、シルバー新報7Pで紹介される
2007 介護保険情報3月号34-35pで、2007年2月3日労災病院主催公開公開とシンポジウム 記憶障害と認知症―機器、デザイン、通信、ITによる新しい支援の様子が紹介される。 
2007 介護保険情報2月号22-23pの人クローズアップで「認知症への情報機器の活用を」として、臨床活動の内容が紹介される。
2007 介護保険情報2月号44pで安田の作詞した、ボケたら小唄(認知症小唄)の一部が紹介される。
2007 介護保険情報1月号49-50pで、国立リハセンター主催「認知症のある人の福祉機器シンポジウム」での安田の発表内容が紹介される。
2006 5月28日日刊 明日への窓と表彰式が千葉日報で紹介される。
2003 7月22日NHK総合PM6:00よりの首都圏ジャーナルで労災病院ギャラリーとその出品者が紹介される。
2002 11月労働福祉事業団より、「痴呆症者の工学的リハビリテーション」が優秀研究に認められる
2001 11月20日 朝日新聞千葉版で、記憶障害の取り組みが紹介される
1999 3月当院がギャラリーが「アートフル。アドボガシー生命の、
2000 美の優しさの恢復 芸術とヘルスケアーのハンドブック」たんぽぽの家発行で紹介される。
2001 1997 12月 当院リハビリ美術館明日への窓が紹介される。読売新聞(朝)千葉版12月4日
2002 1991 2月 当院リハビリ美術館明日への窓が紹介される。朝日新聞(朝)千葉版2月7日 読売新聞(朝)千葉版2月8日
1990 1月 当院リハ科患者さんギャラリーで紹介される。毎日新聞(朝)千葉版1月19日

ページ先頭へ