トップページへ

開発した記憶障害や認知症への対処ツール

開発した記憶障害や認知症への対処ツール  概要説明
 健常者でも業務上の取引や会計は文書にして残します。ですから、もの忘れや記憶障害がある方はなおさらメモや日記をしっかりつけるべきです。忘れた時にそれらを見て思い出せるようにしておくことがもっとも大事です。そのためには、もの忘れ対処用の日記帳やメモ帳が必要ですが、いままでそのようなものはほとんどありませんでした。

 そこで、このホームページでは、私が開発した日記帳(もの忘れ対処用日記)メモ帳(もの忘れ対処用メモ帳シリーズ)語りかけビデオなどを紹介します。


 詳しくは、以下のページをご覧下さい。
   もの忘れ対処用日記
   もの忘れ対処用メモ帳シリーズ
   語りかけビデオとなつかしの唱歌




 開発品の一部は(株)エスコアール出版部から市販されています。

   (株)エスコアール
  
     〒292-0825 千葉県木更津市畑沢2-36-3
     電話     0438-30-3092
     ホームページ 
http://www.escor.jp/




ICレコーダーなどの市販の器機や小道具
 さらにICレコーダーなどの市販の器機や小道具をつかった記憶障害や認知症をもつ方への応用例もたくさん紹介します。なお、これらは医学書院発行の月刊誌「訪問看護と介護」に連載しています。

 詳しく知りたい方は、医学書院のホームページをご覧下さい。


  訪問看護と介護 2007年5月〜2008年4月(予定)
  「もの忘れを補うモノたち:
   簡単な道具と機器による認知症・記憶障害の方への生活支援」


ページ先頭へ