開発した記憶障害や認知症への対処ツール トップへ   トップページへ

もの忘れ対処用メモ帳シリーズ


もの忘れ対処用メモ帳シリーズとは

 記憶サポート帳にも問題があります。夜、それを書こうとしても、その時刻までにその日の出来事を忘れてしまうと、書けないです。そこで、メモ帳をいつも持参し、出来事や思いついた用件をその場で書くようにします。

しかし、メモ帳をいちいちバックやポケットから取り出すのも面倒です。これらを解決するため、身体に装着できメモの読み書きがすぐにできるもの忘れ対処用メモ帳をたくさん開発しました。

これらのメモ帳シリーズは腕つけタイプ、腰つけタイプ、首下げタイプ、胸・腹つけタイプ、眼前タイプ、タイマーつきタイプなどからなります。ご自分の生活状況や忘れの程度に応じて、試行してください。


ところで、市販のページ数の多い手帳を使っている方も多いでしょう。しかし、その手帳のどこに何を書いたか探せない方をたくさん見てきました。そのような方は、以下で紹介するような数枚のメモ紙を貼り付けたタイプにするべきです。
そして、日中書いたそのメモを参考に、その日のうちに「記憶サポート」に記入するのです。これがとても大事なポイントになります。

以下で紹介するメモ帳と記憶サポート帳を上手に使い、確実に日々の記憶を残すよう実行してください。自身の記憶に過信は禁物です。


もの忘れ対処用メモ帳シリーズ INDEX

  1,腕つけタイプ
  2,腰つけタイプ
  3,首下げタイプ
  4,胸・腹つけタイプ
  5,眼前タイプ
  6,タイマーつきメモ帳
  7,カバン付メモ帳


1,腕つけタイプ                              INDEXへ

メモ機能付き時計バンド

メモ機能付き時計バンド 時計の裏にメモ帳が隠れています
写真1-1 写真1-2 写真1-3
写真1-4 写真1-5

 これはもともと言語障害の方の筆談用として考えたものです。腕につけておけば、忘れないうちに用件を記入したり、すぐ参照できます。バンドの甲側の皮をめくると、ファイル袋が数枚重なって出てきます。ここには電話番号や忘れやすい事柄を書いて差し込んでおきます。

次にバンドの手の平側を開くとメモ用紙の束が入っています。私は、外出時バスの時刻表を書いたりして重宝しています。

紙があっても筆記具がないと用件は書けません。そこで、筆記具用の収納スペースを設けました。そこに伸び縮みする筆記具を入れます。

全国発明コンクールにおける入賞作品です。実用新案としても認められましたが、有効期限はすでに切れています。作りたい方は特許庁のホームページを開き、私の名前や参考文献の番号で検索すれば、詳しい図面が出てきます。

 もっと、単純でよい場合には、シール・ガムテープを腕にはる、腕輪・腕章をつけ、そこに用件などを記入します。あるいは板状のものにゴムバンドなどをつけ、腕に巻いてはどうでしょうか。詳しくは、医学書院発行の月刊誌「訪問看護と介護 2007年6月号」をご覧下さい。



2,腰つけタイプ                               INDEXへ

一般手帳利用腰付け手帳

写真2-1 写真2-2 写真2-3

 広い記入面をもち、大きな字で読み書き可能なメモ帳です。一般の手帳が挿入できる手帳包み袋を考えました。

 普通は腰のベルトにたたんで装着しておきます。手帳が開かないようマジックテープで上部を留めておきます。裏にはクリップが貼ってあり、それでズボンやベルトに留めます。手帳を開き他方の手で下からささえれば、メモが取ります。これを常時開いたままで仕事や家事をし、ときどき下をみて確認することもできます。

 前述の通り、もの忘れがやや強い方は、ページ数の多い市販の手帳ではなく、以下のようなメモ紙を貼ったものがお薦めです。



伸びる手帳

写真2-4 写真2-5 写真2-6

 最近、名札に伸びる紐を付けたものが売っています。身分証明書などを入り口で機械に見せることが必要になっているからです。それを応用したものがこれです。書くときは付属の紐が伸びます。2枚の板からなり、メモ書きは、裏面と見開きの両面、計3面にかけます。筆記具もついています。

 「訪問看護と介護 2007年6月号医学書院 では、このほか、腰部装着用手帳開閉台、名刺入れ利用腰付け手帳、ウェストポーチ付手帳などを紹介しています。


3,首下げタイプ                              INDEXへ

ループタイ式メモ手帳

写真3-1 写真3-2

 ループタイとはよく男性がしているひも状のネクタイです。これに似せて首から下げれるメモ帳を作りました。

 表裏
2枚の板からなり、表面の板を倒すとメモ用紙と筆記具が出てきます。メモ帳の高さは裏の金具で調整します。

 これはすでに多数の方に渡しました。多くは買い物に行く時、予定の品をこれに書いて使っています。ただし、茶碗を洗うなど下を向いたときに紐が垂れるので、おもに外出用です。

 女性用にはペンダント式メモ帳(図3-3)があります。中にはメモ用紙や筆記具が入っています。

写真3-3

首かけ両開きメモ帳

写真3-4 写真3-5 写真3-6

 23分すると少し前に聞いたことを忘れ、また同じことを聞く方がいます。

 そのような方は、常に目に入るところに、よく聞くことを呈示してあげます。そこで牛乳パックを手帳入れに改造しました。胸側の2つのクリップで胸に取り付け、紐で首からぶら下げます。これで両開き手帳がいつも見れます。付属の筆記具でやり終えた要件なども詳しく書けます。手が当たって邪魔になりますが、邪魔になることで手帳の存在に気づき、メモの再確認や頻回記入を期待しています。

 おもに屋内用です。ポケットがあれば、屋外ではそこにしまっても良いでしょう。


 詳しくは、医学書院の「訪問看護と介護 2007年7月号」をご覧下さい。



4,胸・腹つけタイプ                              INDEXへ

名札兼用メモ帳

写真4-1 写真4-2 写真4-3

 これは名札入れ兼用の手帳です。仕事をしている人向きです。牛乳パックなどで、縦開きの手帳を入れるように作り、クリップなどで胸に留めます。

 手帳の内容を参照するときは鎖を掛けます。書き込むときは鎖をはずします。横向きの手帳でも同じように作ります。



ブローチ式1面メモ帳

写真4-4 写真4-5

 これは皮で作った花のコサージュの裏にメモと鉛筆をつけたものです。見るときは裏返せばよいだけなので、非常に操作は簡単です。これはメモ欄は1面だけです。


ブローチ式3面メモ帳

写真4-6 写真4-7 写真4-8

 上記と同じタイプですが、メモ欄が3面あります。手帳の内容を参照するときは鎖を掛けます。書き込むときは鎖をはずします。女性の外出用としても使えます。


片手書き込みメモ帳

写真4-9 写真4-10 写真4-11
写真4-12 写真4-13

 以上の各種メモリーエイドには、共通した欠点があります。それは書き込む時、両手を必要とするので、片手に物を持っている時は書き込みができません。

 そこで、片手に物を持っていても書き込める、簡単な方法を思いつきました。裏に安全ピン(クリップでもよい)と磁石片をぶら下げます。表は鉄板にします。使うときは表の鉄板を裏に回して
(、磁石片とくっつけます。

 これで、片手に物を持っていても、即座に手帳に記入ができます。立ち仕事の多い一般の方にも重宝ではないでしょうか。




5,眼前タイプ                               INDEXへ

目の前メモ帳

写真5-1 写真5-2 写真5-3

 壁などに紙を貼り、そこに注意事項などを書いておく方法がよく試みられます。しかし、周囲の空間全般に注意を向けることが困難になる方も多いです。

 そこで、常に視野の中にメモ情報を提示できる方法を考えました。それがこの目の前メモ帳です。作り方は帽子の両脇とひさしにチューブを通し、そこにワイヤーを入れます。そのワイヤーの先にメモ用紙をぶらさげ、ひさしの裏にくっつけておきます。

 使うときはワイヤーを引っ張れば、その紙も出てきて目の前にぶら下がります。その紙に、「ここは労災病院です、安心して治療してください」などと書いておきます。これは外出用です。

垂れているメモが目障りではないかと思うでしょう。しかし、人間の視界は上下左右180度あるため、メモ紙をやや視線より上方につければほぼ気にはなりません。身近な帽子でお試しください。

100円ショップなどで売っているひさしだけの帽子(サンバイザー)を使った簡易版を作りました。これはひさしにワイヤーを直接つけて使うものです。ドアなどに当たったときワイヤーが左右に動いて衝撃をやわらげます。食事のときは頭頂部にワイヤーを跳ね上げて使います。

 これは人目を気にしなくてよい在宅用でしょうか


写真5-4 写真5-5 写真5-6



6,タイマーつきメモ帳                         INDEXへ

写真6-1 写真6-2 写真6-3

数分後から数十分後にやるべきことを、すっかり忘れることがあります。例えば30分後に煮物の火を消す、15分後に電話をかけるなどです。

 そんなときはタイマーを使いましょう。現在、私はタイマーのうえにコサージュをつけてブローチ風にし、裏にはメモ帳と鉛筆を付けたものです。メモ用紙に用件を書き、タイマーが鳴ったときにそのメモを見ます。

 買い物メモを持っていっても、店でそれを見忘れるという話をよく聞きます。この場合、メモを持った時に店で買い物をしている筈の時刻に、このタイマーをセットするのです。




7,カバン付メモ帳                             INDEXへ

写真7-1 写真7-2

 ブローチ風メモ帳の上部に紐を通し、バックにつければバック取り付け手帳になります

 多くの女性はハンドバックを持って買い物に行きますが、なかなかそれを見ることを忘れたり、面倒がってバックを開けません。このメモ帳をバックに付けておけば、すぐにメモ帳が見れます。


ページ先頭へ